コンテンツへスキップ
エレメンターの光と影

エレメンターの光と影

読むのも めんどくさいなぁ

素晴らしいデザインが簡単に作れるエレメンター

俺は、エレメンタープロ使いになるのだ.

コードを書く仕事をしている訳でもないので、たくさんのコードを覚える気もないし、

どこかから、コードをパクって適応して終わることが多い

サイトを作るのにも、気に入ったデザインになるまでに、たくさんのコードを書くだろう.

でも、コードは使いまわせるので、良いことは多いのだ.

しかし、エレメンターは、一部を除いて、パーツをページにはめ込んでいく作業をするだけだ.

スマホだろうが、タブレットだろうが、デスクトップ画面であろうが、デザインできるのだ.

すばらしい!

たくさんのコードを生成

だが、エレメンターにも欠点はある.

それは、同じページのデザインを作るのに、やたらと多いコードを生成してしまうということだ.

ということは、

同じページでも、たくさんの情報を通信をしなければならない、ということだ.

ページの表示スピードは遅い傾向

結局は、ページのスピードが遅くなる.

遅いページのサイトは、Googleの検索順位が下がるということ.

ここが、めんどくさい!

これには、理由があって、ページの表示に数秒かかると、客が離脱するのだそうだ.

仕方がないけど、

ハードウエアを高スペックに

エレメンターを使って高速にページを表示する方法は、

そんなの簡単!

世の中、ゼニ、銭、銭の世界なのだ.

抜群にハイスペックなサーバー

超高速CPUとSSDを使えば、

簡単に解決するのだよ.

全世界に発信するの?

世の中には、2G,3G 通信の携帯電話でネットサーフィンをしている人が多いらしい.

Googleのサイトで、少し読んだけど、忘れてしまったが、

コンテンツを配信する対象は、通信の早い人限定にすれば、問題はない訳だが、

俺の腐ったサイトを、全世界がみるわけはない

と考えると、

不必要な、銭は使わないでおこう.

Googleの言い分を聞かなければならない訳

だがだ、

Googleで検索画面に表示されなければ、

ただの、ネットに繋がった、クズサーバーになってしまう.

自分の場合は、クズ サイトなので

Googleの言い分は、聞く耳を持たない!

ああ、めんどくさ

しかし、

人間は、めんどくさい生き物である.

Googleの言い分を聞きたくないが、

お金を使わずに、

なんとか、

ワードプレスのプラグイン

サーバーの設定など、

あれこれ試してみたけど、

AMP Accelerated Mobile Pages(アクセラレイティッド・モバイル・ページ)というプラグインを入れると、

やば!

超早いではないか.

でも、実際のスマホでの画面を見てみると、

デザインは、無茶苦茶シンプル

これじゃ、エレメンターを使う意味ないじゃん!

となってしまう.

あれこれ試したけど、Googleから合格点をもらえなかったのであった.

めんどくさ!

でも、一つだけ、

俺のサーバーには、nginx というウエブサーバーソフトを使っているのだが、

圧縮転送かな、gzip を on にして、どこかに書いてあった設定ファイルを書き込んで再起動したら、

お!

速くなった!

少しは、報われた気がした.

nginx gzip on ページのリンク

google のwebブラウザである chrome にある「表示」-> 「開発/管理」-> 「デベロッパーツール」で測定した結果が上の図である.

nginx のgzip on + の設定とwordpress のキャッシュや Async 等のプラグイン、無駄なアニメーション等を減らして、やっとこの程度のスコアになった.

通信環境で4Gであれば、全く問題ない表示スピードに感じるが、

2G や 3G の環境では、遅いのだろうか?

めんどくさいけれど、もう少しなんとかなりそうかな.

ちなみに、PageSpeed Insights の評価は

は、携帯電話が 47 でディスクトップが 80 となった.

こちらの方が、少し辛めの採点となったので、もっと頑張らないといけないですね.

Elementor サイトの影の結論

簡単にデザインできるElementor のサイトは、現在の私の環境では、十分なスピードを確保できていませんでした.

Elementor エレメンターの導入には、強力なハードウエア環境とサーバー関連のチューニング、そして、ワードプレスのスピードを高めるプラグイン等の総合的に考えた導入が良さそうですね.

特に、

モバイルでは、

Googleの関門を通過することは難しいかもしれません.

Elementorでも、スピードをアップできる

AMPfor WP が本命かも

エレメンター対応は、有料で、しかも、年間いくらと、結構高いのが気になる.

Elementor が AMP に対応するまで、待とう!

わからんけどね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Facebook
Pinterest
LinkedIn
もくじ